『SHAMROCK Vol.3』の花について -前半-


STUDIO75が手がけてくれたアルバム「SHAMROCK Vol.3」。シャムロックはその音を聴きイメージした花をタイトルに付けさせて頂きました。今日はそのタイトルの花たちをご紹介させて頂きます。皆さまに音楽と花をご一緒に楽しんで頂けたら幸いです。

下記のサイトより試聴も可能です。
音楽を聴きながら、花の世界もご一緒にお楽しみ下さい。また、10月2日16:00より24時間はアーティスト支援を行なっております。ぜひ、この機会にご購入の程よろしくお願い致します。

bandcamp https://scof75.bandcamp.com/album/shamrock-vol3

 

1.Kalanchoe “Green apple”
カランコエ “グリーンアップル“

植物名 カランコエ
科名 ベンケイソウ科
属名 カランコエ属
原産地 南アフリカ・東アフリカ・東南アジア・マダガスカル島
花言葉 「幸福を告げる」

カランコエは個性的な花を咲かせる品種が多く、このグリーンアップルはベル咲きの花(正式には萼筒)を咲かせます。色は青リンゴのような爽やかで優しい色をしています。カランコエが咲かせる鈴なりの花が、まるで幸福を告げる鐘のようということから「幸福を告げる」という花言葉となりました。成長する姿も面白く、葉から高く伸び1mくらい立ち上がった姿で花を咲かせます。

この曲を聴いて、カランコエの花たちが次々に咲き、鐘を鳴らすように風に揺れ動くイメージをしました。その景色はまるで教会の鐘や賛美歌を想像させます。また何かに祝福されているような壮大で美しい景色が見えてきました。

 

2.Stern Kugel
ステルンクーゲル

植物名 ステルンクーゲル
科名 スイカズラ科(マツムシソウ科)
属名 マツムシソウ

原産地 ヨーロッパ西南部、北アフリカ
花言葉 「不思議な魅力」

スカビオサの一種“ステラータ“や“ゴールドフィンガー“、“ファンタジー“などの花が終わり種になったもので、各枝の先端に直径4cmくらいの球形の種子をつけます。ステルンクーゲルというのはドイツ語で「星の球」を意味します。また“ステラータ“は「星形の」や「星状の」という意味を持ちます。

この曲を聴いて、丸いものが飛び交っているような印象と共に、夕方が終わり夜になる時間帯を連想しました。帰宅する道すがら星を見つけた時のような、少し軽やかな心持ちをイメージしました。

 

3.purumosamu
プルモサム

植物名 リュウカデンドロン “プルモサム“
科名 ヤマモガシ科
属名 リュウカデンドロン
原産地 南アフリカ
花言葉 「閉じた心を開く」

リュウカデンドロンには個性的な品種が多く存在します。その中で“プルモサム“の面白いところは、変化でしょうか。硬くツンと尖った円錐形からドライになるにつれて、松ぼっくりのように展開していきます。その中から薄茶色の綿毛のような花を開かせ種を飛ばします。

この曲を聴いて、プルモサムが開いていく姿を連想しました。気がついたら開いているプルモサムですが、時間を凝縮しその過程に耳を澄ませたら、こんないろいろな音たちが花から聴こえてきそうです。

 

4.Narcissus
水仙

植物名 スイセン
科名 ヒガンバナ科
属名 スイセン

原産地 イベリア半島、地中海沿岸
花言葉 「自己愛」「叶わぬ恋」

有名なお花の一つ水仙。学名はナルシサスと言います。その由来はギリシャ神話から。美少年ナルキッソスが水面に映る自分の姿に恋し叶わぬままに死んでいくという、少し恐ろしい話ではあるのですが、水辺であたかも自分の姿を覗き込むかのように咲く水仙の姿にそれを重ねているようです。

この曲を聴いて、とても美しい印象と水辺の風景を連想しました。それと同時に少し切なさや物悲しさのようなものも。ピアノの音から、陽を受けキラキラと光る水面に映る水仙の姿が見えてきました。

 

5.Traller’s Palm
旅人の木

植物名 タビビトノキ
科名 ゴクラクチョウ科
属名 タビビトノキ属
原産地 マダガスカル
花言葉 「何ものも恐れぬ精神」

旅人の木の由来は、葉から水分を取り旅人の喉を潤した説と葉が東西に展開することにより旅人へ方角を教えたという説があります。SHAMROCK Vol.1のジャケットにもなったストレチア(極楽鳥花)の仲間で20メートルととても大きく成長します。花は高い場所に咲き目立ちませんが、種は自然の色とは思えないほど綺麗なコバルトブルーをしています。

この曲を聴いて、海を漂流しているような、知らない島に辿り着いたようなイメージをしました。大きな植物と見たこともない花、ドラムのリズムがユニークな種を連想させ旅人の木だと思いました。

6.Eremurus
エレムルス

植物名 エレムルス
科名 ススキノキ科(ユリ科)
属名 エレムレ

原産地 中央アジア西部〜ヒマラヤ
花言葉 「大きな希望」「逆境」

エレムルスはラテン語で「砂漠」の意味「Eremo」と「尾」の意味「Uro」が語源となっています。英名はフォックステールリリー。それを訳して和名はキツネオランと言われています。球根は蜘蛛のような変わった形をしています。花は小さな星形で1本に300〜500の花を咲かせます。サイズも大きいものは2mを超す品種も。

この曲を聴いて、エレムルスが大地から空に向かいぐんぐんと伸びていくイメージをしました。また歌っている人の口からもにょきにょきとエレムルスが伸びていくような生命力や力強さを感じました。

 

アーティスト支援とは
音楽の配信を行なっているバンドキャンプという会社が、売り上げの全てをアーティストに還元する支援のこと。10月2日(金)と11月6日(金)に行われます。

皆様のご支援をお待ちしております!

bandcamp https://scof75.bandcamp.com/album/shamrock-vol3

梶川ゆう子 カレンダーの原画展 2021

9月の後半からは少し肌寒く、植物の色合いもすっかり秋らしくなりました。あっという間に10月に突入し日々の流れの早さを感じてしまいます。

11月1日からは梶川ゆう子さんのカレンダーの原画展がスタート致します。
素敵なDMが届きましたので、展示会のお知らせをさせて頂きます。

今年は 本川町にある漢方茶RAIRAさんでもカレンダー、小物販売をされます。そして素敵なイベントも考え中というお話をちらりと。

わくわくとした気持ちにさせてくれる梶川さんの展示会は、この季節の楽しみになっています。

今回で10回目を迎える展示会。テーマは「okuru」。皆様が思い浮かべる「okuru」は、なんですか?

 

期間:11月1日(日)〜11日(水)
時間:11時〜19時
場所:SHAMROCK ギャラリーオニカイ
住所:広島市中区土橋町6-29
TEL:082-554-4477

※恐れ入りますが、お車でお越しの際はお近くのコインパーキングをご利用下さいませ。

 

RAMRAM Tシャツ展示のお知らせ

シャムロックで開催中の「RAMRAM2」がこの度Tシャツとなって登場。展示会作品の中からシャムロックの原田がセレクトした4点を展示しております。

会場は、「広島アンデルセン」と袋町にある洋服屋「ref.」の2店舗にて。それぞれのディスプレイ方法も異なっており、見え方の違いも楽しんで頂けたら嬉しいです。

また販売は特設サイトにて27日まで行なっております。
ぜひこの貴重な機会に、ご購入のほどよろしくお願い致します。

Tシャツサイト
https://www.lctph.com/

販売サイト
https://www.sa-goods.shop/products/list?category_id=62

 

LOCAL CREATORS T-SHIRT PROJECT 2020HIROSHIMA
 デザインのチカラで広島を元気にするTシャツ展 広島のクリエイターがデザインした200種類のT-SHIRT展示会を開催いたします。

コロナの影響で、様々な業種が大きくダメージを受けています。 私たちクリエイターもそのひとつで、経済活動がストップした 事により広告の減少、密を避けるため撮影の自粛など、苦しい 状況が続いています。 これまで私たちクリエイターは、クリエイティブのチカラを通 じて、企業や地域がより活性化するお手伝いをしてきました。 クリエイティブのチカラをT シャツに込めて、広島の街と広島で 活動するクリエイターを元気にするプロジェクトです。

会場 : 広島市内5会場 [ 1会場 / 広島アンデルセン 2会場 / ref.3会場 / 広島PARCO 4会場 / dali 5会場 / THE KNOT HIROSHIMA ]

問い合わせ : 株式会社LifeMarket (代表
)tel : 08042635541 mail : info@lifemarket.co.jp

主催 : 株式会社LifeMarket

広島市補助事業 [ 広島は決して屈しないプロジェクト]

“RAMRAM Tシャツ展示のお知らせ” の続きを読む

『SHAMROCK Vol3」リリースのお知らせ

A

 

Small circle of freiends pres STUDIO75」のBEATS TAPEシリーズ第5作目SHAMROCK vol3」が本日リリースいたします。 この度もタイトルとジャケット写真をSHAMROCK が担当させて頂きました。

STUDIO75」の音を聞き植物をイメージする。

前回にも増して音が生き物のように感じ、ドラマチックに植物たちが動き出す姿が見えてきました。ぜひ皆さまにも音楽を聞いて植物を楽しんで頂きたいです。

また、9416−515時59分までバンドキャンプではアーティスト支援を行なっております。この24時間の売り上げは全てアーティストへ還元されます。コロナによりライブ活動など行う事ができないアーティストへ向けてバンドキャンプからの活動。

このような状況の中でも、新しい音楽を届けてくれる「STUDIO75」のアズマリキさん、サツキさんにシャムロック一同、心より感謝いたします。

皆さま、ぜひこの機会にご購入、よろしくお願い致します。

https://scof75.bandcamp.com/

 

SHAMROCK vol3

1.Stern Kugel
スカビオサ ステルンクーゲル

2.purumosamu
プルモサス

3.Magnolia
マグノリア

4.narcissus
水仙

5.Traveller’s Palm
旅人の実

6.Eremurus
エレムルス

7.Oncidium
オンシジューム

8.Encyclia
エンシクリア

9.Kalanchoe”Green apple ”
カランコエ グリーンアップル

10.Poppy
ポピー

11.Woody pear
ウッディペア

 

 

SHAKE CHOCO FLOWER 発売のお知らせ

SHAKE CHOCO FLOWER 発売のお知らせ】

毎週月曜日15:10〜広島FMで絶賛オンエア中の「さとうもかのSHAKE CHOCO RADIO」。この度シャムロックとのコラボ企画商品が発売スタートいたします。その名も「SHAKE CHOCO FLOWER」。

広島で人気のセレクトショップref.の代表中本氏プロデュースによる企画商品第六弾。植物キットの「シャケチョコフラワー」はシャケの一生を花で表現。

《活魚(=生花)水揚げ(=スワッグ)缶詰(=グラスコンテナ)》

生花を使用したスワッグ作りから始まり、それをドライフラワーへ変化させ、最後はグラスコンテナへ。3つの工程をお楽しみいただけます。

金額:5,500円(税込)
※送料が別途発生します。
※5月〜9月はクール便でのお届けです。

◎お届け内容
・植物(※)
・グラスコンテナ/サイズ約ø80×H170mm(日本製)
・ペーパーワイヤー
・説明書
・ステッカー
・オリジナル缶バッチ付(柄はランダムです)/缶バッチを貯めてお楽しみプレゼントをゲット!!

※画像はイメージです。お届けする植物の種類は季節によって異なります。

◎ヤマト宅急便にてSHAMROCKから直送いたします

販売先
・SHAMROCK   店頭・オンラインショップ

・ref.   オンラインショップ

・SHAKE CHOCO RADIO オンラインショップ

 

また、8月31日(月) 15:10〜広島FMにて「シャケチョコフラワー」の制作を、さとうもかさん、ディスクジョッキーの近藤さん、シャムロック原田の3人で行います。さとうもかさんは岡山よりリモートでの参加です。ぜひ、こちらもお楽しみ下さい。

そして、9月13日(日)にはref.にて「シャケチョコフラワーレッスン」を開催いたします。ref.代表中本氏の軽快なトークと植物に触れる時間を一緒にお楽しみ下さい。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

【シャケチョコフラワー教室】
開催場所:ref.(広島市中区袋町8-18)
日時:9月13日(日)
①13:00〜14:00
②15:00〜16:00
③17:00 〜18:00
※早く終わった方は終了時間を待たずにご帰宅頂けます。
人数:5名様まで
参加費:5,500円(税込)
ご予約方法:info@shamrock.jp
※メールにてご予約下さいませ。

その他ご不明な点等ございましたらお電話・メールにてお問い合わせ下さいませ。
082-554-4477(SHAMROCK)

 

さとうもか プロフィール 

1994年生まれ、岡山出身・在住。初めてのピアノ発表会で弾いた「ガラスの靴」という曲の最初のシ・ド・ミの和音で音楽が好きになる。3歳からピアノを始め、ギター、サックス、合唱、声楽など様々な音楽に触れる。 高校音楽科卒業後、音楽短期大学へ入学し、ガットギターやピアノの弾き語りを本格的に始める。 繊細だけど大胆、ユーモラスだけど甘くない、アート心をくすぐる良質なポップネスを持つその才能は、登場するや新世代のYUMINGと称され、20181st Full AlbumLukewarm」で一気に注目を集めると、KID FRESINOや斎藤ネコ、渋谷直角など様々なアーティストからも支持を得る。 2018314P-VINEより1stフルアルバム『Lukuwarm』、20195202ndフルアルバム『Merry go round』リリース。